争族防止対策

≪前ページ 次ページ≫

遺言書作成による効果

Q3.争族防止のための遺言書を作成する場合、どのような点に留意しておけばよいでしょうか。

< ポイント >
特定遺贈により作成し、公正証書遺言などによることが望ましいと思われます。

A3.争族防止のための遺言書等の作成のポイントを以下に掲げておきます。

  1. 1.特定遺贈により作成し、すべての財産について遺言する
  2. 2.分割困難な不動産や支配権に影響する自社株は、相続後に利害が対立することが
  3. ないように配慮した遺言にする
  4. 3.未登記の不動産等について遺言書に記載漏れのないように注意する
  5. 4.遺言書を書き換える場合には、従前の遺言書を撤回する旨を記載し、
  6. あらためてすべての遺産について遺言する
  7. 5.遺言書の作成に抵抗がある場合、死因贈与により特定の財産だけでも
  8. 遺志を明確にしておく
  9. 6.遺言者執行者を定めておく
  10. 7.推定相続人に対して遺言する場合には「相続させる」と記載する
  11. 8.「財産」に関する遺言だけでなく、「お墓や祖先の供養」及び「父母の扶養看護」についても
  12. 遺言しておく
  13. 9.安全確実な公正証書による遺言書作成が望ましい
  14. 10.遺留分に配慮した遺言書を作成する。

(出典 税理士法人FP総合研究所)

≪前ページ 次ページ≫

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大